積雪50cm地域用,H=3,000仕様,熱線遮断ポリカ屋根,1500N/m2,1.5間×9尺,花・ガーデン・DIY , エクステリア・ガーデンファニチャー , テラス,単体,後付け,柱標準タイプ,関東間,YKKAP,フラット型,送料無料【YKKAP】建物に穴をあけないテラス屋根が新登場!選択物干し場の屋根におすすめ。,161505円,fywg.com,独立納まり,熱線遮断ポリカ屋根,/refund772644.html,テラス屋根,ソラリア 積雪50cm地域用,H=3,000仕様,熱線遮断ポリカ屋根,1500N/m2,1.5間×9尺,花・ガーデン・DIY , エクステリア・ガーデンファニチャー , テラス,単体,後付け,柱標準タイプ,関東間,YKKAP,フラット型,送料無料【YKKAP】建物に穴をあけないテラス屋根が新登場!選択物干し場の屋根におすすめ。,161505円,fywg.com,独立納まり,熱線遮断ポリカ屋根,/refund772644.html,テラス屋根,ソラリア 161505円 送料無料【YKKAP】建物に穴をあけないテラス屋根が新登場!選択物干し場の屋根におすすめ。 YKKAP テラス屋根 独立納まり ソラリア 1.5間×9尺 柱標準タイプ 関東間 単体 フラット型 熱線遮断ポリカ屋根 H=3,000仕様 1500N/m2 積雪50cm地域用 後付け 熱線遮断ポリカ屋根 花・ガーデン・DIY エクステリア・ガーデンファニチャー テラス 送料無料 YKKAP 建物に穴をあけないテラス屋根が新登場 選択物干し場の屋根におすすめ テラス屋根 『4年保証』 独立納まり ソラリア 1.5間×9尺 柱標準タイプ 関東間 後付け 積雪50cm地域用 1500N 単体 フラット型 H=3 m2 000仕様 熱線遮断ポリカ屋根 161505円 送料無料【YKKAP】建物に穴をあけないテラス屋根が新登場!選択物干し場の屋根におすすめ。 YKKAP テラス屋根 独立納まり ソラリア 1.5間×9尺 柱標準タイプ 関東間 単体 フラット型 熱線遮断ポリカ屋根 H=3,000仕様 1500N/m2 積雪50cm地域用 後付け 熱線遮断ポリカ屋根 花・ガーデン・DIY エクステリア・ガーデンファニチャー テラス 送料無料 YKKAP 建物に穴をあけないテラス屋根が新登場 選択物干し場の屋根におすすめ テラス屋根 『4年保証』 独立納まり ソラリア 1.5間×9尺 柱標準タイプ 関東間 後付け 積雪50cm地域用 1500N 単体 フラット型 H=3 m2 000仕様 熱線遮断ポリカ屋根

送料無料 YKKAP 建物に穴をあけないテラス屋根が新登場 選択物干し場の屋根におすすめ テラス屋根 4年保証 独立納まり 物品 ソラリア 1.5間×9尺 柱標準タイプ 関東間 後付け 積雪50cm地域用 1500N 単体 フラット型 H=3 m2 000仕様 熱線遮断ポリカ屋根

送料無料【YKKAP】建物に穴をあけないテラス屋根が新登場!選択物干し場の屋根におすすめ。 YKKAP テラス屋根 独立納まり ソラリア 1.5間×9尺 柱標準タイプ 関東間 単体 フラット型 熱線遮断ポリカ屋根 H=3,000仕様 1500N/m2 積雪50cm地域用 後付け 熱線遮断ポリカ屋根

161505円

送料無料【YKKAP】建物に穴をあけないテラス屋根が新登場!選択物干し場の屋根におすすめ。 YKKAP テラス屋根 独立納まり ソラリア 1.5間×9尺 柱標準タイプ 関東間 単体 フラット型 熱線遮断ポリカ屋根 H=3,000仕様 1500N/m2 積雪50cm地域用 後付け 熱線遮断ポリカ屋根












送料無料【YKKAP】建物に穴をあけないテラス屋根が新登場!選択物干し場の屋根におすすめ。 YKKAP テラス屋根 独立納まり ソラリア 1.5間×9尺 柱標準タイプ 関東間 単体 フラット型 熱線遮断ポリカ屋根 H=3,000仕様 1500N/m2 積雪50cm地域用 後付け 熱線遮断ポリカ屋根
MENU

日本カイロプラクターズ協会(JAC)とは

- About Japanese Association of Chiropractors -

日本カイロプラクターズ協会(JAC)は1998年3月に設立されたカイロプラクティックの業者団体です。倫理規定を重視し、透明性の高い開かれた組織でWHOガイドラインに準拠した基準の教育を履修した正規のカイロプラクターのみが所属できる団体です。世界保健機関(WHO)の非政府組織(NGO)に加盟している世界カイロプラクティック連合(WFC)へ日本代表団体として1999年に加盟し、世界92ヶ国の代表の総意で決めたWFCの精神と政策を日本に伝え、実践を目指しています。

WFCの日本代表として、行政との折衝、国際交流、教育活動、啓蒙活動、科学的研究の実践を通して、我が国におけるカイロプラクティックの業務をWHO基準で発展させ、倫理規定を設けて自主規制を行い、国民が安心してカイロプラクティックを受けられるよう国内でのWHO基準に則った法制化の実現を目指して活動しています。2012年、独立行政法人国民生活センターから安全性と広告に関するガイドラインの作成を要請された後、日本広告審査機構や厚生労働省、消費者庁と連携しながら利用者の安全確保に努めています。また厚生労働省による統合医療推進事業を支援しています。